スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とらドラ!

toradora.jpg
 総合評価:AAA

 放映時期:2008年10月~2009年3月
 話数:全25話
 監督:長井龍雪
 制作:J.C.STAFF



極端に目つきが悪いというだけで、周りから恐れの目で観られているが、実は家庭的で面倒見の良い主人公。そんな主人公と、チビで暴れ者で我儘なヒロインを中心に繰り広げられる青春群像劇。

最初はただのドタバタ学園ラブコメかと思っていたのですが、ストーリー、演出、作画、ユーモア&シリアス、キャラクター等全てが高次元でバランスの取れた作品で、すっかりのめり込んでしまいました。

徐々に明らかになる登場人物たちの懊悩や、感情の高ぶり、それらが実に巧みに表現できていたと思います。
25話構成ですが、ダレることなく最後まで一気に観ることができました。

学園ものが好きなヒトには勿論オススメですが、これは万人に勧めたいと思える数少ない作品のひとつです。

とらドラ!


スポンサーサイト

tag : @AAA 青春 学園 ボーイミーツガール

魔法遣いに大切なこと~夏のソラ~

natsunosora.jpg
 総合評価:AA

 放映時期:2008年9月~12月
 話数:全12話
 監督:小林治
 制作:ハルフィルムメーカー



よしづきくみちの爽やかなキャラクター(原案)が印象的な、青春ラブストーリー。
思春期の心理を揺さぶる要素として「魔法」がテーマとなってはいますが、リアルに近い舞台設定で思春期の男女の成長を描いているため、ファンタジー的要素は薄いです。

ストーリーとしては、旅立ち、出会い、葛藤、和合、別れ、と定番イベント目白押しの正に青春ドラマです。
主人公たちの真っ直ぐでピュアな心情は、目を背けたくなるほど痛々しいものですが、それを乗り越える過程を暑苦しくなくスマートに表現していて、どこかミニシアターあたりで上映されている映画のような雰囲気でもありました。

画面については、人物描写はたまに「日本昔話か?」と思えるほどデフォルメがキツイ部分もありますが、風景には実写を取り入れるなど、あまり観ない作風で、全体的には綺麗にまとまっていたと思います。
音楽も独特の雰囲気があり、作風に合っていました。
花澤香菜さんの可愛く透明感のある声も主人公像にハマっていて良かったです。

切ない青春ドラマが好きなヒトにはオススメです。

    

tag : @AA せつない 青春

亡念のザムド

xamudo.jpg
 総合評価:AA
 
 放映時期:2008年9月~2009年2月
 話数:全26話
 監督:宮地昌幸
 制作:ボンズ



とても好きな作風ですが、様々な作品へのオマージュを感じます。
勝手な解釈ですが「交響詩篇風の谷のザムド」といった雰囲気でしょうか。
(決してパクリだと言っているのではありません)

キャラやメカのデザイン、作画、美術、他それぞれの質も高く、とても力の入った作品です。
ただ19話あたりから、いまいちテーマが解り辛くなったことが残念(私だけか?)。
テーマが難解で解り辛かったのではなく、説明不足のため最大テーマがぼやけたように思います。
サイドストーリーが多いためか、26話で描き切れなかった部分があったように感じました。30話くらいあれば良かったかも。

トータルとしては、SFファンタジー作品として良作で、最後まで一気に観ることができ、とても愉しめたのですが、もう一歩でもっと良い作品になったような気がします。

OPとEDの楽曲と演出がとても好きで(特にED)、今でも良く聴いたり観たりしています。カッコイイ!

 

tag : @AA SF ファンタジー アクション

夏目友人帳

natsume.jpg
 総合評価:AA

 放映時期:2008年7月~9月
 話数:全13話
 監督:大森貴弘
 制作:ブレインズ・ベース



まさに「良作」という言葉がしっくりと来る作品。
視聴後感(読書で言う読後感?)がとても心地良いです。

幼少の頃から何故か妖怪が見えてしまう主人公。
ある時手にした、祖母の遺した「友人帳」と呼ばれる帳面をきっかけに、ひとり(一匹?)の妖怪との共存生活が始まり、また他の妖怪からも付け狙われる日々が始まる。

二人を取り巻くハートフルな妖怪奇譚(ファンタジー)。
どれも基本「いい話」で、ジワっとくるものもあります。

OP、ED、作画、色彩等ビジュアル的にも統一感があり、雰囲気づくりに成功しています。
妖怪のデザインも、カワイイというよりもどちらかというとリアルで怖いですが、それを上手く使っていると思います。

2期「続・夏目友人帳」は既に放映済みですが、2011年7月から3期「夏目友人帳 参」が放映されるとのこと。
人気の程が窺えます。
2期のクオリティも高かったので、3期も是非期待したいですね。

 


tag : @AA ファンタジー 良い話

true tears

truetears.jpg
 放映時期:2008年1月~4月
 話数:全13話
 監督:西村純二
 制作:P.A.WORKS

 総合評価:AAA



P.A.WORKSが初の元請け制作として取り組んだ本作。
OPの映像からもその力の入りようが窺えます。

楽曲の切ない感じも作品イメージと合っていてとても好きです。
当初、作品のことは全く知らずにOPの唄を聞いてアニメを観ようと思ったほど。
作画と美術の品質は手の抜きどころなく、特に風景や建物などの描写は素晴らしいものでした。

魔法も超能力も登場しない、等身大のキャラクターが織り成す、学園ラブストーリー。
日本海側のクリエイターが作り出す独特の切ないニオイを全編で感じます。

よくある学園もののドタバタは全くありませんが、各キャラクターの心理が丁寧に描かれており、微妙な仕草や表情の変化など、芸が細かいです。
強烈な感情の起伏による盛り上がりで見せるシーンはあまりありませんが、基本、全員が「切なく」なっている雰囲気を描き切っていると思います。

ラストシーンの描写は何度観てもぐっと来るものがあり、心に残ります。
切ない系が好きなヒトには是非オススメしたい作品。

   

tag : @AAA 学園 せつない

バンダイチャンネル
プロフィール

utatananime

Author:utatananime
アニメと東方にはまってます。
良作の雰囲気を忘れないためと、友人に観てもらうために、書き連ねていきたいと思います。

備忘録的なものであり、早い話が完全なる自己満足の世界ですが、過去作の視聴時の参考になれば幸いです。

カテゴリ
ユーザータグ

@AA 学園 @AAA ファンタジー 青春 シリアス せつない アクション ボーイミーツガール サスペンス まったり ギャグ 泣きゲー 良い話 コメディ 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。