スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とらドラ!

toradora.jpg
 総合評価:AAA

 放映時期:2008年10月~2009年3月
 話数:全25話
 監督:長井龍雪
 制作:J.C.STAFF



極端に目つきが悪いというだけで、周りから恐れの目で観られているが、実は家庭的で面倒見の良い主人公。そんな主人公と、チビで暴れ者で我儘なヒロインを中心に繰り広げられる青春群像劇。

最初はただのドタバタ学園ラブコメかと思っていたのですが、ストーリー、演出、作画、ユーモア&シリアス、キャラクター等全てが高次元でバランスの取れた作品で、すっかりのめり込んでしまいました。

徐々に明らかになる登場人物たちの懊悩や、感情の高ぶり、それらが実に巧みに表現できていたと思います。
25話構成ですが、ダレることなく最後まで一気に観ることができました。

学園ものが好きなヒトには勿論オススメですが、これは万人に勧めたいと思える数少ない作品のひとつです。

とらドラ!


スポンサーサイト

tag : @AAA 青春 学園 ボーイミーツガール

交響詩篇エウレカセブン

eureka  総合評価:AAA

  放映時期:2005年4月~2006年4月
話数:全50話
監督:京田知己
制作:BONES(ボンズ)

近年全くアニメを観ていなかった自分でしたが、テクノ好きの友人に勧められて視聴した本作。 随分と長い間アニメを観ていなかった所為もあり、完成度の高さに衝撃を受けました。
4クール50話ありますが、何度か通して観ました。
この作品がきっかけとなり徐々にアニメにハマっていくことに。

スマートなキャラデザ、丁寧に描き込まれた美術、キャスティング等のバランスが良く、予備知識なしで視聴し始めたものの違和感なく入っていけました。

OPはスピード感のある楽曲と演出で、作品のイメージと合っていて良かったです。ただ3クール目のOPは、楽曲も作画もイマイチだったのは残念。 EDはそれぞれ異なった雰囲気で表現されていましたが、どれも良かったです。

ストーリーは一言で語ることはできませんが、良いバランスで山場が設定され、飽きさせない。シリーズ構成が素晴らしかったです。 ただサッカー回は意味がなかったような気が。作画の質も低かったですし。

登場キャラの数は多いですが、そこは4クールの余裕でしょうか、それぞれすべてが必要にして十分な特徴を出せており、立っていたと思います。 また、メインキャラの心理描写、成長過程が良く考えられ丁寧に描かれており、その演出に何度となく泣きそうになっていました。



作中のBGMにはテクノの楽曲が多く用いられていますが、意外にこれが良く合っていました。その所為もあり、スタイリッシュな雰囲気も在ります。 断然好きだと、面白かったと、言い切れる数少ない作品のひとつです。

↓ホームページもカッコイイです
劇場版 交響詩篇エウレカセブン「ポケットが虹でいっぱい」 ホームページ
TV版 交響詩篇エウレカセブン ホームページ












tag : @AAA SF ボーイミーツガール

バンダイチャンネル
プロフィール

utatananime

Author:utatananime
アニメと東方にはまってます。
良作の雰囲気を忘れないためと、友人に観てもらうために、書き連ねていきたいと思います。

備忘録的なものであり、早い話が完全なる自己満足の世界ですが、過去作の視聴時の参考になれば幸いです。

カテゴリ
ユーザータグ

@AA 学園 @AAA ファンタジー 青春 シリアス せつない アクション ボーイミーツガール サスペンス まったり ギャグ 泣きゲー 良い話 コメディ 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。